お電話でのお問い合わせ
0120-839-127
受付:11:00~18:00(土日・祝日除く)
  • 生命保険

生命保険で定期保険を選ぶメリットは?定期保険の注意点とおすすめな人を解説

生命保険で定期保険を選ぶメリットは?定期保険の注意点とおすすめな人を解説

生命保険の定期保険とは?
定期保険以外の生命保険はある?

定期保険のメリット・デメリットがわからず、悩んでいる人は少なくありません。

本記事では、定期の生命保険を選ぶメリットや定期保険の注意点について解説。

定期型の生命保険を
検討している人は必見です

この記事の監修者

  • 有岡 直希

    ファイナンシャルプランナー

    大学卒業後、Webマーケターを経て外資系生命保険会社に転職。 個人対象のライフプラン・コンサルティングに携わり、顧客のニーズと社会保障制度を加味した論理的な提案に定評あり。 各生命保険商品を徹底的に分析し、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法を提案します。
    <保有資格>
    AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが記事を監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

【生命保険】定期保険とは?

定期保険=期間に定めがある

定期保険とは、保障の対象となる期間(保険期間)に定めがある保険商品を指します。

年満了
10年・20年など期間を設定し満期になっても更新できるタイプの保険。
歳満了
60歳までなど被保険者の年齢で保険期間を設定するタイプの保険。更新はなく満期になると保険契約は終了する。

保険期間中に被保険者が死亡もしくは高度障害状態になったら保険金が支払われます。

解約返戻金や満期保険金は基本的にない代わりに、月々の保険料負担を抑えやすいです。

▶3種類の定期保険とは?

平準定期保険

保険期間中に被保険者が死亡もしくは高度障害状態になった場合に受け取れる保険金額がずっと一定のシンプルなタイプの保険。

逓減定期保険

保険契約後、保険期間の経過とともに受け取れる保険金が減少していく保険。保険金は一括で受け取る。

収入保障保険

保険契約後、期間の経過とともに受け取れる保険金が減少していく保険。保険期間満了まで毎月年金形式で保険金を受け取る。

※受け取れる保険金は減少しますが、一括受取りを選べる収入保障保険もあります。

定期保険以外の生命保険はある?

終身保険=期間に定めがない

生命保険の中には、保険期間の定めがなく一生涯保障が続く保険商品(終身保険)もあります。

終身保険は期間に定めがないため、被保険者が何歳で死亡しても死亡保険金が支払われます

自分が亡くなった後の葬儀代やパートナーの生活費等を備えたい人におすすめの保険です。

定期保険と終身保険の違い

定期保険 終身保険
保険期間 あり なし
(一生涯)
保険料 割安 割高
解約返戻金 ×
(あっても少額)
更新 あり なし

定期保険と終身保険の大きな違いは、保険期間と解約返戻金の有無です。

定期保険は保険期間が定められていて、基本的に解約返戻金はありません

終身保険は期間に定めがなく解約返戻金を受け取れますが、定期保険より保険料は割高です。

【生命保険】定期保険のメリット

定期保険は保険料を抑えやすい

定期保険は満期時等に受け取れるお金がない分、比較的保険料は安いです。

保険料が掛け捨てになる点にデメリットを感じる人もいますが、定期保険はお手頃価格で手厚い保障を受けられるメリットもあります。

▶保険料を高いと感じる人は多い?

生命保険文化センターの調査によると、2018年から3年間で生命保険(かんぽ生命を除く)を解約・失効した理由の上位3位は下記の通りでした。※1

生命保険を解約・失効した理由
他の生命保険に切り替えたので 34.6%
掛金を支払う余裕がなくなったから 23%
掛金が更新により高くなってしまったから 12.8%

「掛金を支払う余裕がなくなったから」生命保険を解約する人は少なくありません。

生命保険に加入したのに保険料を理由にすぐ解約する事態に陥らないよう、契約する前に自分にとって無理のない負担額を考えましょう。

定期保険は保障内容を見直しやすい

保険期間が設定されている定期保険は、定期的な保険の見直しがしやすいです。

▼必要となる保障内容の一例
子どもが小さい世帯
子どもが成人するまでは死亡保障を手厚くしておきたい
子どもが独立した世帯
死亡保障よりも病気やケガへの保障を重視したい

年齢や世帯の状況によって必要となる保障内容はそれぞれ異なります。

定期的に保障内容を見直せば、今の自分のニーズにぴったりな生命保険を選べるでしょう。

結婚や出産・住宅購入などのライフイベントに合わせて保障内容を見直すのが◎

【生命保険】定期保険の注意点

定期保険はお金が戻らない

定期保険は保険料が比較的割安な分、満期保険金や解約返戻金はありません。

もし保険金等の支払い要件に該当しなかった場合は、保険料が掛け捨てになります

定期保険の中には、解約返戻金有の保険もあるが基本的にあっても少額。

定期保険は更新ごとに保険料UP

基本的に定期保険は終身保険より保険料が安いですが、更新の度に保険料は上がります

定期保険に加入する人は、むやみに更新し続けるのはNG。

結婚などライフイベントに合わせて、定期的に今の自分に必要な保障内容を書き出し整理して保険を見直しましょう。

【生命保険】定期保険がおすすめな人

一定期間の保障を手厚くしたい人

10年など保険期間が定まっている定期保険は、一定期間だけ保障を受けたい人に最適です。

「子どもが成人するまで」「住宅ローンの完済まで」など保障を受けたい期間が明確なら定期保険を検討しましょう。

▶子育て世帯におすすめの生命保険

医療保険
がん保険
死亡保険
就業不能保険
収入保障保険
学資保険

子育て世帯は独身や夫婦のみの世帯と比べて、備えておきたい保障は多いです。

死亡や病気・ケガなど万一の保障だけでなく、子どもの教育費・養育費に備える学資保険への加入は子育て世帯ならではと言えます。

ただしあらゆるリスクに備えると保険料が高くなるので、保険料を抑えたい子育て世帯は上手く定期保険と終身保険を使い分けましょう

保険料をできるだけ抑えたい人

終身保険と比べると保険料が割安な定期保険は、保険料をなるべく抑えたい人に最適です。

特にまだ収入や貯蓄が十分でない20代や、生活費や学費などにお金がかかってしまう子育て世帯に定期保険はおすすめ。

ただし定期保険は更新ごとに保険料が上がるので、満期時には保障内容を見直しましょう

▶保険料を抑えたい独身におすすめの生命保険

医療保険
がん保険
就業不能保険

独身者は、まず病気やケガによる収入減へのリスクに備える生命保険を選ぶのがおすすめ。

パートナーはいなくても必要最低限の葬儀代や遺品整理代を備えておきたい人は、定期保険だけでなく終身保険も検討しましょう。

独身に限らず女性は、女性特有の疾患に備えた保険への加入が◎

保障内容を定期的に見直したい人

保障内容をいずれ見直す予定があるなら、保険期間に限りのある定期保険がおすすめです。

終身保険でも途中解約は可能ですが、加入期間が短いと支払った保険料より解約返戻金の方が下回って元本割れしかねません

終身保険は基本的に長期での契約が前提なので、希望の保障内容・保険期間が明確に定まっているなら定期保険を検討しましょう。

生命保険の定期保険とは:まとめ

定期保険とは、年満了や歳満了など保険期間に定めがある保険商品を指します。

満期保険金や解約返戻金などは受け取れない分、保険料は安くなりやすいです。

「子どもが成人するまで」「住宅ローンの完済まで」など保障を受けたい期間が明確な人は、ぜひ定期保険を活用しましょう

※1引用:生命保険文化センター/令和3年度生命保険に関する全国実態調査