• 生命保険

30代におすすめの生命保険は?30代の加入傾向や保険の選び方を徹底解説

30代におすすめの生命保険は?
30代の加入傾向や保険の選び方は?

生命保険への加入を検討していても、30代におすすめの生命保険や保険の選び方がわからず悩んでいる人は少なくありません。

本記事では、30代の保険加入傾向やおすすめの生命保険、30代の保険の選び方を解説

生命保険への加入を検討している方は必見!

この記事の監修者

  • 有岡 直希

    ファイナンシャルプランナー

    大学卒業後、Webマーケターを経て外資系生命保険会社に転職。 個人対象のライフプラン・コンサルティングに携わり、顧客のニーズと社会保障制度を加味した論理的な提案に定評あり。 各生命保険商品を徹底的に分析し、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法を提案します。
    <保有資格>
    AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

30代の保険の必要性

30代は結婚や出産、昇進などライフスタイルの変化を迎える人が多く、自分のためから家族のためへの保険に見直す人が多いです

家族の生活費や子供の教育費だけでなく、万が一の医療費や就業不能のリスクなどにも備えておかなければなりません。

30代は収入面で多少のゆとりが出てくる年代ですが、将来の安心のためにも保険に加入してリスク対策をすべきだと言えるでしょう

30代の保険加入理由と加入目的

30代の保険加入理由

生命保険文化センターの令和4年度「生活保障に関する調査」によると、30代男女別の保険加入のきっかけは下記の通りでした。

男性 女性
結婚をしたので 1位 家族や友人などに
すすめられて
家族や友人などに
すすめられて
2位 結婚をしたので
就職をしたので 3位 子供が誕生したので
子供が誕生したので 4位 就職をしたので
職場ですすめられて 5位 営業職員や窓口で
すすめられて

30代は男女ともに家族や友人からの紹介が上位ですが、就職や結婚などのライフステージの変化に合わせた加入が多いと言えるでしょう

30代の保険加入目的

30代では男女ともに、「万一死亡した時のため」「ケガや病気になった際の医療費のため」に保険へ加入する人が8割を超えています

男性 加入目的 割合
1位 万一死亡した時のため 50.0%
2位 ケガや病気になった際の
医療費のため
30.4%
3位 ケガや病気で収入が
途絶えた時のため
5.8%
4位 老後の生活資金のため 4.5%
5位 その他 2.7%

女性 加入目的 割合
1位 ケガや病気になった際の
医療費のため
63.1%
2位 万一死亡した時のため 20.1%
3位 老後の生活資金のため 5.1%
4位 貯蓄のため 3.2%
5位 わからない 2.5%

30代から40代にかけての罹患率が高い「悪性新生物(腫瘍)」や「妊娠、分娩および産じょく」に備えた保険への加入が増加傾向です。

乳がんの罹患率は30代で急上昇し、罹患率も30代女性が最多となっています。(※1)

※ランキングは9項目のうち上位5つを抽出
引用:生命保険文化センター/令和4年度生活保障に関する調査

30代の保険加入傾向

30代はライフスタイルの変化に伴い、保障内容の過不足が発生しやすい年代です

備えておくべき保障額は異なるため、状況に合わせて加入すべき保険を見直しましょう

30代の男女別【保険加入率】
30代の男女別【保険金額】
男女別【保険料】

30代の男女別【保険加入率】(※2)

生命保険文化センターの令和4年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、30代の生命保険・個人年金保険加入率は下記の通りです。

30代男性 30代女性
加入している 81.5% 82.8%
加入していない 18.5% 17.2%

20代の保険加入率は5割程度ですが、30代になると加入率が8割まで一気に上昇します

30代は健康に不安がなくても、将来の安心のために生命保険に加入する人が多いです

30代の男女別【保険金額】(※2)

生命保険文化センターの令和4年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険加入金額は下記の通りでした。

生命保険加入金額
(全生保)
男性 女性
全年代 1,632万円 739万円
20代 1,001万円 751万円
30代 2,065万円 768万円
40代 1,883万円 807万円
50代 1,629万円 737万円
60代 1,071万円 507万円
70代 582万円 395万円

性・年齢別でみると男性は30代女性は40代が最も高くなっています。

近年はコロナ禍の行動制限や世帯年収の減少、女性の就労状況の変化による男性の保障需要の引き下げにより保険金額は減少傾向です

男女別【保険料】(※2)

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると、男女別年間払込保険料は下記の通りです。

男性 女性
21.5万円 平均 16.6万円
30.1% 12万円未満 42.2%
28.5% 12~24万円未満 31.8%
17.5% 24~36万円未満 12.1%
6.5% 36~48万円未満 3.4%
3.0% 48~60万円未満 1.5%
4.8% 60万円以上 2.5%

年間払込保険料は世帯年収に伴って高くなる傾向ですが、全年代平均は男性が21,5万円女性が16,6万円となっています。

生命保険に加入している人の保険料は、月々2万円程度が一般的だと言えるでしょう

30代におすすめの生命保険【4選】

▶ 医療保険

「医療保険」は公的医療保険と民間の医療保険の2種類に分けられ、病気やケガで入院・手術・通院した医療費の負担を軽減する保険です

公的医療保険でも医療費の自己負担額が軽減されているため、十分な貯蓄がある人は優先度が低く感じやすくなっています。

しかし、健康面に不安を感じてから保険への加入を検討すると、加入時の条件によっては希望する保険に申し込めません。

将来的に保険への加入を検討している人は、ニーズに合う保険を選びやすく保険料の負担が軽い30代のうちに加入するのがおすすめです

▶ 死亡保険

「死亡保険」とは、加入者である被保険者が何らかの理由で死亡した際に、遺された家族に対して保険金が支払われる保険を指します。

大きく分けて「定期型」と「終身型」の2種類があり、それぞれのメリット・デメリットは下記の通りです。

定期型
定期型
〇メリット
● 他の保険より少ない保険料で大きな保障
×デメリット
● 一定期間のみの保障
● 満期保険金がない
終身型
終身型
〇メリット
● 保障が一生涯続く
● 解約返戻金がある
×デメリット
● 保険料が割高
● インフレに弱い

家族構成やライフステージによって備えておくべき保障額は異なるので、自分の状況やニーズに合う保険を選びましょう。

被保険者の死亡だけでなく、所定の高度障害になっても保険金が支払われます

▶ 就業不能保険

就業不能状態(※)が所定の期間継続すると、一時金や年金または月払いで給付金を受け取れるのが「就業不能保険」です。

「短期(早期)就業不能給付金」「長期就業不能給付金」「就業不能給付金」などがあり、受取期間で短期と長期が分かれています。

就業不能状態となってから60日間などの支払対象外期間経過後に給付金を受け取るタイプが一般的で、保険期間は定期が多いです。

【就業不能状態の例】
・入院している状態 ・在宅療養している状態
・国民年金の障害等級1・2級に該当する状態
・公的介護保険の要介護2以上に該当する状態

▶ 学資(こども)保険

「学資保険」は、子どもの入学や進学に合わせて祝金や満期保険金が受け取れるタイプと18歳から22歳までなど数年にわたって毎年祝金(学資年金)を受け取れるタイプがあります。

将来の受取額が同じであれば、早い段階で加入するほど保険料が安くなる傾向です。

親などの契約者が亡くなるとその後の保険料は免除され、保障内容もそのまま継続されます

【ライフステージ別】保険の選び方

独身 既婚

独身男性はこちら

夫婦のみはこちら

独身女性はこちら

子供ありの夫婦はこちら

①30代独身:男性

30代の独身男性は、健康や収入に対するリスクを低減するための保険を選ぶのがおすすめ。

保障内容や保険期間、負担する保険料のバランスを考えながら保険を検討しましょう

30代独身男性におすすめの保険
・医療保険 ・がん保険 ・就業不能保険

②30代独身:女性

30代の独身女性は、一般的な病気・ケガだけでなく女性特有の疾患に備えた保険を選ぶのがおすすめです。

妊娠中は加入条件が付いてしまう保険もあるため、早めの保険加入を検討しましょう

30代独身女性におすすめの保険
・医療保険 ・がん保険 ・就業不能保険

③30代既婚:夫婦のみ

夫婦のみの30代は、パートナーの生活への影響や負担を減らす老後の介護に備えられる保険を選ぶのがおすすめです。

共働きであれば高額な保障は不要ですが、公的医療制度で不足している保障をカバーできる保険に加入しましょう

夫婦のみの30代におすすめの保険
・医療保険 ・死亡保険 ・就業不能保険

④30代既婚:子供あり

子供がいる30代夫婦は、家族全員の健康や生活の安定を目的とした保険を選ぶのがおすすめ。

独身や夫婦のみの人よりも備えておくべき保障は多いですが、生活に支障が出ないように自分に合う保険に加入しましょう

子供ありの30代におすすめの保険
・医療保険 ・収入保障保険 ・がん保険
・学資保険 ・就業不能保険

30代の生命保険:まとめ

加入すべき生命保険や、保険の選び方がわからず悩んでいる30代は少なくありません。

30代は収入面で多少のゆとりが出てくる年代ですが、将来の安心のためにも保険に加入してリスク対策すべきです。

自分のライフステージに合う保険がわからない方は、一度保険のプロに相談してみましょう

引用(※1):国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))
引用(※2):生命保険文化センター/令和4年度生活保障に関する調査