お電話でのお問い合わせ
0120-839-127
受付:11:00~18:00(土日・祝日除く)
  • ペット保険

フェレットはペット保険に加入すべき?病気のリスクと保険の選び方を解説

フェレットはペット保険に加入すべき?病気のリスクと保険の選び方を解説

フェレットにペット保険は必要なの?
フェレットが加入できるペット保険はある?

犬や猫を飼う際にペット保険への加入を検討する人も多いですが、フェレットにもペット保険は必要なの?と悩む人は少なくありません。

今回は、フェレットにペット保険は必要なのか加入条件や保険料とペット保険を選ぶ時のポイントなどを詳しく解説していきます。

この記事の監修者

  • 有岡 直希

    ファイナンシャルプランナー

    大学卒業後、Webマーケターを経て外資系生命保険会社に転職。 個人対象のライフプラン・コンサルティングに携わり、顧客のニーズと社会保障制度を加味した論理的な提案に定評あり。 各生命保険商品を徹底的に分析し、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法を提案します。
    <保有資格>
    AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

フェレットにペット保険は必要?

ペット保険とは、ペットが病気やケガをして動物病院を利用した際の治療費や手術費の一部を補填するための保険です。

ペットが病気やケガをしても、治療にかかる費用は基本的には飼い主が全額自己負担する必要があります。

ペット保険に加入していれば万一の際の経済的負担を軽減できるので、大切な家族のためにペット保険の加入を検討するのはおすすめです。

フェレットの平均寿命

フェレットの平均寿命は6~8年で、4歳を過ぎるとシニア期となります。

基本的には犬や猫よりも治療費が安い傾向にあるフェレットですが、病状によっては手術費用が高額になるケースも。

フェレットは好奇心旺盛で、狭いところに入ってケガをしたり誤飲・誤食が多い傾向にあるので、突然の事故に備えてペット保険に加入しておくと安心です。

フェレットがかかりやすい病気

フェレットを飼う前には、フェレットがかかりやすい病気についても知っておきましょう。

病気例 概要
フィラリア
フィラリアに感染した蚊に血を吸われると感染し活力低下・咳・呼吸困難などの症状を引き起こす
※月1回の予防薬で予防が可能
耳ダニ症
ダニが耳の中に感染して外耳炎を起こし激しいかゆみや黒褐色の乾いた耳垢が出るなどの症状がみられる
インスリノーマ
膵臓に腫瘍ができ過剰にインスリンが生産されてしまい低血糖を引き起こす
リンパ腫
血液中のリンパ球ががん化しあらゆる臓器に腫瘍を形成する病気
副腎腫瘍
副腎が腫瘍化し左右対称の脱毛・貧血・排尿障害・異常な発情行動などの症状がみられる

犬に多い感染症であるフィラリアですが、フェレットに感染すると犬よりも身体が小さいため重症化しやすい傾向にあるので、予防薬で感染対策をしておきましょう。

インスリノーマ・リンパ腫・副腎腫瘍フェレットの三大腫瘍ともいわれ、フェレットが高齢になるにつれかかりやすい病気です。

早期発見でできる対応策も増えるため、定期的に健康診断や血液検査をしておきましょう。

フェレットはエキゾチックアニマルとなるため、全ての動物病院が適切な対応ができるわけではありません。フェレットなどの小動物を得意とする動物病院を事前に探しておくのがおすすめです。

補償対象外の費用もある

ペット保険は病気やケガの際に動物病院でかかった費用を補償してくれますが、補償対象外の費用もあるので注意しましょう。

【ペット保険の補償対象外の費用】
● 健康診断
● ワクチン接種
● 去勢・避妊手術
● 妊娠・出産
● 療養食・サプリメント

上記以外にもペット保険の商品によって補償対象外の項目は違うため、検討時にはしっかりと確認しておきましょう。

フェレットのペット保険の加入条件

ペット保険の加入条件は商品によって異なりますが、多くの場合は以下のような加入条件があります。

ペット保険の加入条件例
新規加入の上限年齢に達していない
健康体である
ペットとして飼育されている

新規加入の上限年齢に達していない

ペット保険の新規加入には上限年齢が設定されている商品が多くなっています。

フェレットの場合は1歳11ヶ月まで、3歳11ヶ月まで、満5歳未満までなど、商品によって上限年齢は様々です。

加入には「0歳から」の商品と「ペットショップ等代理店でのお迎え時のみ」の商品があるため、フェレットをお迎えする前にしっかりと確認しておきましょう。

健康体である

ペット保険に加入するには、対象のペットの健康状態が良好である必要があります。

加入時には健康状態を告知しなければならず、重度の持病や既往歴がある場合は加入を断られるケースも少なくありません。

【告知内容例】
・生年月日
・体重
・ペットの種類
・ワクチンの接種状況
・過去にかかった病気やケガの有無
・現在治療中の病気やケガの有無
・他のペット保険への加入状況

既往歴があっても病気やケガの再発の可能性が低いと判断されれば条件付きで加入できる保険もあるため、加入検討時には確認しておきましょう。

ペットとして飼育されている

ペット保険の加入対象は、一般家庭でペットとして飼育されている動物に限られています。

フェレットの場合はブリーダーの繁殖や売買目的など、ビジネス目的で飼育している動物はペット保険の加入対象外となるので注意が必要です。

フェレットのペット保険の保険料

ペット保険は1年掛け捨て

ペット保険は掛け捨て型の保険で1年ごとに更新が必要です。

更新時期の数ヵ月前には更新のお知らせが保険会社から送られてきますが、更新・継続していればペットが亡くなるまで終身継続が可能となります。

保険料は契約更新ごとに変わる

ペット保険の保険料は一般的には年齢と共に上がるため、1年の契約更新ごとに変わります

保険によっては年齢にかかわらず保険料が一律のペット保険もあるので、将来も含めて無理のない保険料かどうかをチェックしておきましょう。

フェレットのペット保険を選ぶ時のポイント

できるだけ若いうちに加入する

ペット保険への加入を検討している場合は、できるだけペットの年齢が若いうちに加入しておくのがおすすめです。

高齢になると加入できる保険が限られてきたり、病気やケガなどの既往歴があると補償範囲が限定されたり加入を断られる可能性が出てきます。

万一の病気やケガに備えるには、若くて健康なうちに加入しておく方が良いでしょう。

WEB申込みと代理店申込みがある

ペット保険の多くはインターネットから加入が可能ですが、フェレットが加入できるペット保険にはペットショップ等代理店での申し込み限定の商品もあります。

インターネットからの加入は場所や時間を選ばずに、パソコンやスマホで申込みができるので忙しい人にもおすすめです。

割引が適用できるか確認する

ペット保険は、商品によっては様々な割引を設けているため、活用できる割引がないか事前にチェックしておきましょう。

【ペット保険の割引の一例】
・インターネット割引
・多頭割引

割引制度があるペット保険の中には、もともと保険料が高めに設定されている商品もあるので注意が必要です。

補償割合を確認する

ペット保険には「補償割合」を選択できる商品もあり、一般的には『50%』や『70%』などから補償の割合を選べます

補償割合が70%の場合、病気やケガで治療費が10万円かかった時の補償額は7万円、自己負担額は3万円です。

商品によっては『100%』補償の商品もあり、補償割合が大きいほど治療費の自己負担額は少なくなりますが、その分保険料が高くなるため、家計とのバランスなどを見て考えましょう。

窓口精算と後日精算がある

ペット保険には『窓口精算』ができる商品と『後日精算』の商品があります。

精算方法 概要
窓口精算
保険会社が発行する保険証を動物病院の窓口で提示すると、支払い額が自己負担額のみで済む精算方法
後日精算
動物病院の窓口で治療費全額を支払った後に、保険会社へ保険金を請求する精算方法

窓口精算ができるペット保険に加入していれば、動物病院に行くたびに毎回保険金を請求する手間が省けます

しかし、窓口精算に対応していない動物病院もあり、保険料も後日精算の商品に比べると割高のため、かかりつけの動物病院が窓口精算できるか確認してから検討しましょう。

フェレットのペット保険:まとめ

フェレットが病気やケガをした時の治療費は基本的には全額自己負担となるため、ペット保険に加入しておくと治療費の一部を補償してくれるので万一の際も安心です。

ペット保険はフェレットの年齢で保険料が変わり既往歴があると加入が難しくなる場合もあるので、病気やケガのリスクが少ない若いうちに加入しておくのがおすすめ。

ペット保険は1年更新の掛け捨て型保険なので、家計とのバランスを考えつつペットの万一に備えられる補償の保険を選びましょう。