• dカード

【比較】dカードでETCカードを作るメリットは?年会費・還元率について解説

ETCカードはクレジットカードに付帯して発行すると、あまり頻繁に利用しない方も年会費を抑えられます。

ETCカードに関連した特典が豊富なクレジットカードを探している方も多いのではないでしょうか。

様々な使い道があるdポイントを高めの還元率で貯められるのが、dカードの主なメリット。

本記事では、dカードでETCカードを作るメリット年会費、還元率、再発行の方法などを解説します。

他社と比較しながら、dカードのETCカードについて知りたい方は要チェックです!

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

dカードのETCカードは年会費無料

dカードのETCカードは発行手数料無料。契約初年度は無条件で年会費も無料となります。

2年目から550円(税込)の年会費が発生しますが、前年度に1度でもdカードのETCカードを利用していれば次年度の年会費は無料です。

利用額の条件はないので、年会費を無料にするハードルは非常に低いと言えるでしょう。

年会費
dカード 初年度無料・2年目以降は月額550円。(1年以内に1度でも使うと次年度無料)
dカード GOLD 初年度無料・2年目以降も利用の有無にかかわらず無料。

dカードでETCカードを作るメリット

  • ETCカードがポイント還元率1%
  • 利用分をETCマイレージポイントに還元できる
  • 家族ETCカードでもポイントが貯まる
  • 紛失・盗難時の損害補償制度あり

ETCカードがポイント還元率1%

加盟店での買い物やd支払い対応のネットショップ、更にはプリペイドカードのチャージと様々な用途を持つdポイント。

dカードでは100円で1dポイントに換算されますので、その還元率は1%です。

クレジットカードの平均ポイント還元率は0.5%なので、1%は高めだと言えるでしょう。

dカードのETCカードも同様で、高速道路でのETCカードの利用で通行料100円につき1dポイントか加算されます。

dポイントの有効期限は最長50ヶ月。他のカードのポイントと比較しても、かなり有効期限が長いです。

利用分をETCマイレージポイントに還元できる

dポイントだけでなくETCマイレージサービスに登録すると、よりお得にETCカードを活用できるでしょう。

ETCマイレージサービス
NEXCO東日本・中日本・西日本・阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が提供しているサービス。

インターネットでの登録申込みが完了した当日から、通行料金の支払額に応じてポイントを獲得できます。

貯まったポイントは還元額に交換したのち、通行料金の支払いに充てられるので、対象の道路は要チェックです。

事前にインターネット登録をしないとポイントが付与されないので注意が必要です。
ETCマイレージサービスの登録はコチラ

家族ETCカードでもポイントが貯まる

dカードは契約者本人が家族に対して発行できる「家族ETCカード」にも対応しています。

家族ETCカードの利用でも契約者本人に利用分のポイントが還元されるので、一人で使うよりも断然お得です。

本会員か家族会員が前年度に一度でもdカードのETCカードを利用すれば、家族カードの年会費も次年度無料になります。

家族ETCカード
初年度:年会費無料
2年目以降:月額550円(1年以内に1度でも使うと次年度無料)

紛失・盗難時の安心補償制度

dカードのETCカードは、盗難・紛失などが原因で第三者の不正利用が起こると、届け出から最大90日前まで遡り、不正利用による損害を補償してくれます。

契約中のカードに応じたフリーダイヤルに連絡からカードの停止や再発行を依頼できるので、万一のトラブルの際は頼りましょう。

dカード紛失・盗難時の連絡先
電話番号:*9190(ドコモ携帯電話のみ/無料)
0120-159-360(無料)
対応時間:24時間 ※年中無休
dカードのETCカードは、1,100円(税込)の再発行手数料が発生します。

【比較】ETC対応の他社クレジットカード

多くのクレジットカード会社でETCカードが発行されますが、「ETCカード」の機能に差はありません。

大元になるクレジットカードの年会費やポイント還元率・特典で比較して選びましょう。

JCBカード W

ETC利用時の還元率 1.00%

JCBカード Wは、国際ブランドJCBが発行するプロパーカード。

年会費は永年無料で、様々な商品やテーマパークのチケットとの交換、Amazon等で使えるOkiDokiポイントを従来の2倍貯められるのが特長です。

楽天カード

ETC利用時の還元率 0.50%

ポイントの還元率を考えるなら、年会費永年無料の楽天カードもおすすめ。

楽天カードには楽天カード特有のポイントアップシステムを設けていて、楽天市場で楽天カードを使うと貰えるポイントが最大16.5倍に。(※特典進呈には上限や条件があります)

国際ブランドはJCB・MasterCard・VISAの3種類から選べ、貯めたポイントが使えるお店も多いので満足度の高いクレジットカードです。

イオンカード

ETC利用時の還元率 1.00%

イオンによく行く方には、イオンカードもおすすめです。

年会費無料で、対象となる店舗でカードを利用すればポイントが2倍に。

毎月20日と30日は、イオン系列店でのお買い物の代金が5%オフになるなど、キャンペーンも充実しているのでお得です。

貯まったポイントは豪華商品との交換や専用オンラインショップでの支払いに充てられます。

ETCカードはポイントのお得さと特典が要

高速道路をよく利用するなら、dカードのETCカードを発行すると更にdポイントを貯めやすくなります。

一度でもdカードまたはETCカードを利用すれば次年度の年会費も無料になるので、利用ハードルの低さが大きなメリット。

dカードのETCカードはポイント還元率1%。高水準のポイント還元を受けられるのも長所と言えるでしょう。

dポイント以外によく利用するサービスやポイントがある方は、対応するポイントや特典を基準にクレジットカード会社で選ぶのもおすすめです。

車に乗る機会が多いなら、お得にポイントが貯まるETCカードを選んで損はありません。