お電話でのお問い合わせ
0120-839-127
受付:11:00~18:00(土日・祝日除く)
  • 生命保険

変額保険は学資保険の代わりになる?保険で教育資金を準備する注意点を解説

変額保険は学資保険の代わりになる?保険で教育資金を準備する注意点を解説

変額保険は学資保険の代わりになる?
保険で教育資金を準備する注意点とは?

子供の教育資金を準備しようと思っていても、変額保険が学資保険の代わりになるかわからず悩んでいる人は少なくありません。

本記事では、変額保険の特徴や保険で教育資金を準備するメリット・デメリットを解説

保険で教育資金を準備したい方は必見です!

この記事の監修者

  • 有岡 直希

    ファイナンシャルプランナー

    大学卒業後、Webマーケターを経て外資系生命保険会社に転職。 個人対象のライフプラン・コンサルティングに携わり、顧客のニーズと社会保障制度を加味した論理的な提案に定評あり。 各生命保険商品を徹底的に分析し、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法を提案します。
    <保有資格>
    AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

変額保険・学資保険とは?

将来の教育資金準備のために学資保険に加入する人が多いですが、昨今では学資保険の代わりに変額保険を選択する人も増加しています

変額保険と学資保険のどちらにするかは人生設計やライフステージに合わせて選ぶべきです。

ここでは、変額保険と学資保険それぞれの特徴を確認していきましょう

変額保険の特徴

株式や債券を中心とする特別勘定で資産を運用し、運用実績によって保険金や解約返戻金が変動する保険が変額保険です。

満期保険金や解約返戻金は同じ保険料の定額保険よりも少なくなるリスクがありますが、運用実績によっては定額保険よりも大きな満期保険金・解約返戻金の受け取りが可能。

運用実績により変動保険金がマイナスになっても、基本保険金額は最低保証されます

※特別勘定:定額保険の資産とは区別して管理・運用される勘定

【選べるファンドの一例】
・安定成長バランス型 ・積極運用バランス型
・日本株式型 ・外国株式型 ・世界株式型
・新興国株式型 ・世界債権型 など

学資保険の特徴

学資保険とは、子供の将来の教育資金を準備するための貯蓄型の保険です

子供が一定の年齢に達したり、契約時に定めた年齢になったりすると、お祝い金や満期保険金・学資金を受け取れます。

基本的に親が契約者となり、契約者が死亡または所定の高度障害状態になると保険料の払込が全額免除されるのも特徴です。

昨今は、金利低下の影響により返戻率が払込保険料を下回る学資保険が多いため、代わりに変額保険を活用する人が増えています

学資保険は必要?

文部科学省の学習費に関する統計データによると、幼稚園から大学を卒業するまでにかかる学習費は下記のとおりです(※1)

幼稚園から高校まで
全て公立
幼稚園から高校まで
全て私立
幼稚園
(3年)
495,378円 926,727円
小学校
(6年)
2,115,396円 10,001,694円
中学校
(3年)
1,616,397円 4,309,057円
高校
(3年)
1,538,913円 3,163,332円
大学
(4年)
[ 国 立 ] 2442,200円
[ 公 立 ] 2,553,757円
[私立文系] 4,412,795円
[私立理系] 6,007,009円
学費総額 8,208,284円

11,773,093円
20,843,012円

24,407,821円

幼稚園から大学卒業まで全て公立で約830万円、全て私立だと約2,540万と学費だけでもかなりの金額になります。

保険に頼らず自力で教育資金を貯めるのが難しい人は、計画的に貯蓄がしやすい学資保険で備えるのがおすすめです

変額保険は学資保険の代わりになる?

学資保険の代わりに「変額保険」に加入しても、将来に向けての教育資金は備えられます

しかし、それぞれのメリットやデメリットを理解して自分に合う保険を選択しなければ十分な教育資金を準備できません

ここからは、変額保険と学資保険のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

教育資金を《変額保険》で用意する
メリット・デメリット

メリット
デメリット
・運用実績によって資産を増やせる
・生命保険料控除を適用できる
・インフレ対策ができる
・運用中の収益は非課税
・死亡保障がある
・元本割れのリスクがある
・投資信託よりも利回りが悪い
・運用関連費などがかかる
・デフレに弱い

変額保険は一般生命保険料控除の対象で、所定の条件を満たせば所得税が最大4万円、住民税は最大2万8,000円の控除が適用されます。

運用実績によって保険金の受取額は増減しますが、死亡保険金は最低保証があるので基本保険金額を下回るリスクはありません

また、保険会社によっては3大疾病や7大疾病等の罹患により保険料が免除される特約がありますが、積立NISAにはないためそれも大きなメリットの1つです。

特別勘定は運用を保険会社に任せられますが、特別勘定ごとに所定の手数料が積立金から控除されるのを理解しておきましょう

教育資金を《学資保険》で用意する
メリット・デメリット

メリット
デメリット
・教育資金を計画的に貯められる
・親(契約者)に万一のことがあっても保障が継続される
・受け取るタイミングを設定できる
・生命保険料控除を適用できる
・返戻率によっては戻ってくる保険金が多くなる
・途中解約時や保障内容や特約によっては元本割れのリスクがある
・返戻率はそれほど高くない
・インフレに弱い
・途中でお金を引き出しにくい

学資保険は、将来のために教育資金の準備をしつつ、万が一の際の保障も備えられるのがメリットの1つです。

保障や特約によって例外はありますが、返戻率が100%以上の商品を選べば、払込保険料の総額よりも戻ってくる保険金の方が多くなります。

しかし、途中解約時に元本割れのリスクがあり、他の運用商品と比べると利回りが高くないのはデメリットだと言えるでしょう

変額保険以外に教育費を準備できる保険

▼ 外貨建て保険
終身保険・養老保険・個人年金などの種類があり、米ドル、豪ドル、NZドルなどの外貨で資産を運用する保険が外貨建て保険です。

解約のタイミングや解約時の為替レートによっては損失が発生しますが、外貨建て保険を取り扱っている保険会社は一定の規制を設け、より安全に活用できる施策を取り入れています。

払い込む保険料や受け取る保険金などの円換算額は為替相場の影響を受けるため、契約する人は仕組みをよく理解しておきましょう。

▼ 低解約返戻金型終身保険
低解約返戻金型終身保険は、一般的な終身保険と比べると保険料払込期間中の解約返戻金が低めに設定されている終身保険です

解約返戻金が抑えられているため保険料がお手頃になっていますが、解約するタイミングによっては元本割れするリスクがあります。

ただし、保険料払込期間の満了後は解約返戻金が上昇するので、長期契約を前提とした貯蓄型の終身保険に加入したい人におすすめです。

子供の教育資金が必要な時期に、保険料の払込期間満了を合わせば教育資金を準備できます

▼ 個人年金保険

個人年金保険は、契約時に定めた年齢まで保険料を払い込み、その後一定期間もしくは一生涯にわたって年金が受け取れる貯蓄型の保険

受け取り期間や保障期間で「終身年金」「有期年金」「確定年金」の3種類に分かれていますが、ほとんどの商品が確定年金タイプです。

主に老後資金の準備に利用されますが、貯蓄型の保険なので学資保険の代わりにできる商品もあります

変額保険で教育資金の準備はできる

変額保険が学資保険の代わりになるかわからず悩んでいる人は少なくありませんが、変額保険でも教育資金の準備は可能です

しかし、それぞれのメリットやデメリットを理解して自分に合う保険を選択しなければ十分な教育資金は準備できません。

変額保険と学資保険のどちらが自分のライフプラン・ライフスタイルに合うかわからない人は、一度保険のプロに相談してみましょう

引用(※1):文部科学省/令和3年度子供の学習費調査
引用(※1):e-Gov法令検索/国立大学等の授業料その他の費用に関する省令
引用(※1):文部科学省/令和3年度入学者に係る学生納付金等調査結果について