お電話でのお問い合わせ
0120-839-127
受付:11:00~18:00(土日・祝日除く)
  • クレジットカード
  • イオンカード

イオンカードに旅行保険はある?海外・国内の保険内容&コスパの良いカードを紹介

クレジットカードに申し込む際、商品の破損や不正利用、旅行時のトラブルなどをカバーしてくれる保険の実用性も気になりますよね。

イオンカードは特典やポイント還元率の良さで主婦層を中心に多くの方から人気を集めていますが、保証面が手厚いとは言えません。

万が一に備えた保険をクレジットカードに付帯させたいなら、「イオンゴールドカードを目指す」または「他社カードを併用する」のがおすすめ。

今回は、イオンカードに付帯している保険の種類や補償内容、保険が気になる方向けのカード情報を解説します。

イオンカードが気になっている方や、万が一に備えられるクレジットカードが欲しい方は要チェックです!

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

イオンカードの基本的な付帯保険

イオンカードには、基本的な保険としてショッピングセーフティ保険とカード盗難保障が付帯されています。

ショッピングセーフティ保険
クレジット決済で購入した1品5,000円以上の商品が破損、火災、盗難などで購入日から180日以内に被害を受けた際に補償1制度
カード盗難保障
紛失・盗難による不正使用の損害を補填する保険。イオン銀行と最寄りの警察署に届け出2後、受理日を含めて61日前までに発生した損害額を全額補填する

1 補償には限度額あり。イオンカード・提携カード:年間50万円/イオンゴールドカード:年間300万円
2 紛失・盗難時専用ダイヤルの確認はこちら

補償を受けるには条件があるので、詳しくは公式サイトをチェックしましょう。

海外・国内の旅行保険がついているイオンカードは「イオンSuicaカード」「KNTカード」、そしてインビテーション(招待)制の「イオンゴールドカード」のみ。

イオンゴールドカードインビテーション(招待)制のため、任意での入会申し込みはできません。

イオンカードで国内・海外旅行に関する保険を求めるなら、「イオンSuicaカード」か「KNTカード」の2択になるでしょう。

イオンカード(一般券種)の旅行保険

新規申し込みがいつでも可能で、海外・国内の旅行保険が付帯するカードは下記の2種のみです。

  1. イオンSuicaカード
  2. KNTカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードの保険
● カード盗難保障
● ショッピングセーフティ保険
● 海外旅行傷害保険(利用付帯 最高500万円)
● 国内旅行傷害保険(利用付帯 最高1,000万円)

イオンSuicaカードは、その名の通りSuica機能が付属したイオンカード。

たまった「WAON POINT」をイオンSuicaカードやリンク設定した記名式のSuicaへ入金(チャージ)できます。
1,000ポイント=1,000円相当分単位ずつSuicaに入金(チャージ)可能

海外旅行・国内旅行の双方に対応していて、補償額は控えめですが海外旅行での疾病治療や個人賠償責任、国内での通院なども補償しているのが強みです。

海外旅行傷害保険(利用付帯)

保険項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療条件 50万円限度
疾病治療条件 50万円限度
個人賠償責任 3,000万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

保険項目 保険金額
死亡・後遺障害 最高1,000万円
手術 入院保険金日額の10倍または5倍
入院 3,000円/日
通院 2,000円/日

KNTカード

KNTカード

KNTカードの保険
● カード盗難保障
● ショッピングセーフティ保険
● 海外旅行傷害保険(自動付帯 最高2,000万円)
● 国内旅行傷害保険(利用付帯 最高2,000万円)

対象店舗で、パッケージツアー・宿泊料金などを支払うと、WAON POINTが基本の3倍たまる「KNTカード」。
対象店舗:近畿日本ツーリスト株式会社、株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、株式会社近畿日本ツーリスト沖縄

旅行保険として対応しているのは国内外問わず傷害死亡・後遺障害のみですが、近畿日本ツーリストとイオンをどちらもよく利用する方にはぴったりでしょう。

たまったWAON POINTは、旅行券やJALマイルのほか、様々な商品との交換が可能です。
1,000ポイント=1,000円相当分単位ずつ交換可能。JALマイルは2 WAON POINT=1マイルで1,000ポイントから500ポイント単位の移行ができます。

補償内容やポイント交換の細則については各カードの公式サイトを確認しましょう。

イオンカード以外も共通!旅行保険に関する知識

保険が利用できる条件

一口に旅行保険と言っても、保険が適用される条件や補償内容はカード会社や券種によって異なります。

保険が利用できるようになる条件は、大きく分けて2種類。「付帯」と書かれている部分に着目しましょう。

自動付帯
クレジットカードを持っているだけで補償の対象になる
利用付帯
事前に搭乗する公共交通機関の代金や旅行代金を該当クレジットカードで支払う必要がある
「海外旅行保険」「国内旅行保険」が付帯するクレジットカードを検討するなら、付帯条件や最大補償額とともに補償内容の詳細も要チェックです。

保険の大まかな補償内容

死亡・後遺障害
旅行中に万一死亡事故・重篤な障害などが発生した際に支払われる保険
障害・疾病による治療費用
海外で発生した病気・怪我の治療費用に関する保険
個人賠償責任
個人またはその家族が、誤って他人・他人の物品に危害を加え、法律上の損害賠償責任を負った際に損害を補償する保険
救援者費用
カード保有者が病気などで入院した際に親族が現場に駆け付ける費用を補償

最も補償が高額になりやすい死亡・後遺障害に関する保険はイオンSuicaカード、イオンゴールドカード、KNTカードに付帯しています。

KNTカードは死亡・後遺障害以外には対応していないので、重大な事故等が発生した際のお守り程度に考えておくと良いでしょう。

旅行に行く機会が多い方は、年会費無料で手厚い補償を受けられるイオンゴールドカードか、少額ながら幅広い補償に対応しているイオンSuicaカードがおすすめ。

保険の内容に不安があるなら、他社の旅行に関する特典が多いクレジットカードを利用するのも一つの手段です。

保険内容で選ぶならイオンゴールドカード

イオンゴールドカード
イオンでのお買い物をお得にしたいだけなら通常のイオンカードでも問題ありませんが、補償を増やしたい方には物足りないでしょう。

海外旅行・国内旅行どちらも補償を受けたい方におすすめなのが、年会費無料で充実した保険が付帯するイオンゴールドカード。

イオンゴールドカードの保険
● カード盗難保障
● 海外旅行傷害保険(最高支払限度額5,000万円)
● 国内旅行傷害保険(最高支払限度額3,000万円)
● ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードは、インビテーションが送られない限り作れない特別なカードです。

通常のイオンカードの補償に加え、海外・国内旅行保険の一部として「賠償保険」「携行品保険」「救援者費用」なども付帯しています。

一般的なクレジットカード会社はインビテーションの条件を公開しませんが、イオンカードは「年間ショッピング利用金額50万円以上」と基準の一部を明示しているのが特徴です。

月あたり4.1万円の買い物をイオンカードで決済するとゴールドカードが貰えるのは、かなり現実的な金額と言えるでしょう。

イオン店内や空港にあるカードラウンジも利用できるようになるので、イオン系列店のヘビーユーザーにとってはお得なカードです。
イオンラウンジは年間ショッピング利用金額100万円以上から利用可能

一般的なイオンカードに付帯するショッピングセーフティ保険の補償額は年間50万円までですが、イオンゴールドカードでは300万円まで補償額の上限が上がります。

保険が手厚いイオン以外の他社カード

JCBカード W plus L

JCBカード W plus Lの保険
●海外旅行傷害保険(利用付帯 最高2,000万円)
●ショッピングガード保険(海外)
●女性疾病保険

JCBカード W plus Lで事前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を支払うと適用される

JCBカード W plus Lは18~39歳限定で入会できる、年会費無料のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険(利用付帯)が利用でき、ショッピングガード保険もあるので海外旅行をする機会があるなら要チェック。

乳がん、子宮がん、子宮筋腫、妊婦の合併症など、女性特有の疾病にかかる入院費や手術費をリーズナブルな保険料(月額290円~)で手厚くサポートしてくれます。

旅行の頻度はあまり高くなく、健康リスクが気になる女性向けのカードと言えるでしょう。

ANA JCBカード

ANA JCBカードの保険
●旅行傷害保険(自動付帯 最高1,000万円)
●国内・海外航空機遅延保険
●乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
●出航遅延費用等保険金(食事代)
●寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等)、寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等)
●ショッピングガード保険

ANA JCBカードは自動付帯の海外旅行保険が魅力で、乗継遅延や手荷物遅延にも対応

2,200円(税込)の年会費が発生しますが、支払いに利用しなくても補償を受けられるので2枚目にもおすすめです。

貯まったポイントはANAマイルに移行できるので、マイルを貯めたい方はぜひ利用してみてください。

JCBゴールド

JCBゴールドの保険
●海外旅行傷害保険(利用付帯 最高1億円)
●国内旅行傷害保険(利用付帯 最高1億円)
●国内・海外航空機遅延保険
●ショッピングガード保険
●JCBスマートフォン保険

JCBゴールドは利用付帯の旅行傷害保険のほか、国内主要空港などのラウンジ利用、手荷物無料宅配券サービスなど豊富な特典が付いてくるハイクラスカードです。

日常生活の事故・トラブルも考慮したい方は、月々210円から必要な補償を選べる「JCB トッピング保険」も要チェック。

年会費は11,000円(税込)ですが、新規入会でオンラインから申し込むと初年度の年会費が無料になります。

一般的なクレジットカードよりも充実した補償を受けたい方は試してみてください。

イオンカードの旅行保険は券種をチェック

イオンカードでは「イオンSuicaカード」「KNTカード」「イオンゴールドカード」以外には旅行関係の保険が付帯しません。

イオンSuicaカードは補償額こそ低いですが、死亡・後遺障害だけでなく入院・通院や手術にも対応しているのが強み。

KNTカードが対応しているのは旅行での傷害死亡・後遺障害のみですが、近畿日本ツーリストとイオンをどちらもよく利用する方にはおすすめできます。

どちらも一長一短なので、バランスよく充実した保険が欲しいなら、イオンゴールドカードのインビテーション(招待)を目指しましょう。

旅行に関する補償をとにかく手厚くしたい方は、イオン系列ではない他社カードに申込むのも一つの手段です。