• ANAカード

ANAカードは2枚持ち・複数持ちすべき?ANAマイルが貯まるおすすめの組み合わせ

「ANAカードは2枚持ちすべき?」
「ANAカード2枚持ちする利点は?」
「ANAカード2枚目におすすめのカードは?」

年間数万マイルを稼ぎ出すANAマイラーの多くが、ANAカードと別のカードの2枚持ち/複数持ちをしています。

ANAカードを2枚持ち/複数持ちするとポイントの二重取り、三重取り獲得マイルの大幅な増加も可能です。

本記事では、ANAカードを2枚持ち/複数持ちする利点、2枚持ちにおすすめのカードと組み合わせ、2枚持ちのお得な活用法を解説します。

ANAカードをお得に利用したい方・2枚持ちでより効率良くマイルを貯めたい方は必見です!

★おすすめの組み合わせをすぐ知りたい方はこちら★

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

ANAカードは2枚持ち/複数持ちできる?

ANAカード同士の2枚持ち/複数持ちはNG?

クレジットカードには複数のブランドがあり、提携している会社も異なります

ANAカードを発行している会社
📍JCB
📍三井住友カード(VISA・Mastercard)
📍アメリカン・エキスプレス
📍ダイナース

「ANA アメリカン・エキスプレスカード」と「ANA JCB 一般カード」など、発行会社が別であれば2枚持ち/複数持ち可能です

同じ発行会社のカードでは種類の違いに限らず、2枚持ち/複数持ちはできません。

ANAカードの2枚持ち/複数持ちの条件には例外もある

カード会社が同じANAカードでも、交通系提携カードであれば2枚持ち/複数持ち可能です。

ANAカードの交通系提携カード

  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA VISA nimocaカード

「ANA JCB 一般カード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」は同じJCBが発行しているANAカードですが、2枚持ちできます

ANAカードを2枚持ち/複数持ちする利点

カード特典でお得にポイントが貯まる

各ANAカードには、より多くのマイルが貯まる独自の特典・サービスがあります。

カード会社のポイントと提携企業のポイントを二重取りできるANAカードや、加盟店で利用するとボーナスポイントがもらえるANAカードなど、特徴は様々です。

ANAカードを2枚持ちして利用シーンや時期によって上手に使い分ければ、お得にポイントが貯まり、高い還元率でマイル移行ができます

入会特典でポイント・マイルが貯まる

ANAカードを含むほとんどのクレジットカードには、初回入会特典があります。

「楽天カード」
新規入会&利用で5,000ポイント
「JCB一般カード」
Amazon.co.jp利用・新規入会限定で
最大30,000円分キャッシュバック

ANAカードの入会特典にはボーナスマイルがもらえる特典が多いです。

「ANA JCB 一般カード」
入会&条件達成で最大13,000マイル相当(※2024年4月現在)

ANAカードを2枚持ちすれば入会特典だけで大量のポイントやマイルが貯まります

ANAカードの2枚目におすすめのカード

2枚持ち/複数持ちにおすすめのカード
楽天カード
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANAカード+楽天カードの2枚持ち

カードを複数持ちする組み合わせとして利用者が多いのが「ANA JCB 一般カード」と「楽天カード」の2枚持ちです。

楽天カードを所持していると、楽天市場をお得に使いながらANAのマイルに変換できる楽天ポイントがもらえます。

楽天ポイントは2ポイントでANAの1マイルと交換可能。

楽天カード所持/セールなどでもらえる期間限定ポイントはマイルに変換できませんが、1ポイント1円相当で楽天グループでの買い物に利用できるので、2枚持ちして損はありません

ANAカード+ソラチカカードの2枚持ち

ANAカードとソラチカカードの2枚持ち
マイルを効率良く貯めたいなら、「ANA JCB 一般カード」と「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」もおすすめ。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、東京メトロが発行しているPASMO機能を持ったクレジットカードです。

日々の買い物・PASMOのオートチャージで貯まったJCBのポイントをマイルやメトロポイントに移行でき、メトロポイントは100ポイントでANAの90マイルに交換できます。

初年度年会費無料で負担も少ないため、関東在住で東京メトロを利用する機会が多い人は、2枚持ちして損はないでしょう。

ANAカードの2枚持ちのお得な活用法

本記事で取り上げたANAカードの2枚持ちの組み合わせはあくまでも一例です。

ANAカードと自分に合うカードの2枚持ちで獲得マイルは大幅に増やせます。

ライフスタイルに合わせた2枚持ち

ANAカードと相性の良い組み合わせで2枚持ちしても、ライフスタイルとマッチしていなければメリットは少ないです。

ANAカードと楽天カードorソラチカカードの2枚持ちでも、楽天や東京メトロを頻繁に利用しなければお得にポイントは貯まりません。

自分のライフスタイルに合わせて相性の良いカードを2枚持ち・複数持ちすれば、よりお得にANAカードを活用できます。

多くのクレジットカードをむやみに利用するのではなく、用途に合わせてメインカードとサブカードを使い分ければ、ポイントが貯まりやすいでしょう。

カードの最新情報を把握する

ANAカードや楽天カード、ソラチカカードだけでなく、クレジットカードに関するルールは頻繁に変わります

ポイント制度は変更される恐れもあるため、ANAカードと2枚持ちするカードの最新情報は常にチェックするようにしましょう

状況に応じてカードを変更したり、ポイントの交換ルートを変えたりしてできるだけ還元率が高まるよう対応するのが得策です。

ANAカード2枚持ちでマイルを貯めよう

ANAカードと2枚持ち/複数持ちするなら、年会費が安く自分のライフスタイルに合ったカードがおすすめです。

年会費が無料の楽天カード/メトロポイントをマイルに移行できるソラチカカードは、ANAカードと相性が良い組み合わせと言えます。

ANAカードと自分に合った2枚目のカードが見つけてお得にマイルを貯めましょう

※キャンペーンの詳細は、公式ホームページにてご確認ください。