• JCBカード

JCB LINDAの特徴は?会員限定の女性向けの情報・サービスが満載!

「JCB LINDAの特徴が知りたい。」
「JCB LINDAがおすすめな人はいる?」

JCBのクレジットカードを検討する中で、「JCB LINDAを所有したい」と思っている人も少なくありません。

JCB LINDAは年会費無料で、会員限定のプレゼントや特典が満載のクレジットカードです。

この記事では、JCB LINDAの特徴やメリットやデメリットを解説していきましょう。

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

JCB LINDAの概要

JCB LINDAは、年会費無料で優待・特典が満載の女性向けのクレジットカードになっています。(※別途データ維持費が毎月110円(税込))

JCB LINDAの申し込み対象は「18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人(高校生不可)」。

高校生を除く学生も申し込めるので、学生の内にクレジットカードを所有したい人にもおすすめです。(※一部申し込めない学校もあります)

JCB LINDAを所有したいと思っている人は、メリット・デメリットを把握した上で検討していきましょう。

JCB LINDAのデータ維持費

JCB LINDAのデータ維持費とは、顧客のデータ管理・維持のために徴収している費用です。

金額などの詳細は、下記の通りでした。

金額
毎月110円(税込)
支払い月
年に2回(2月・8月)
支払い方法
口座振替支払い

JCB LINDAのデータ維持費は、下記条件を1つでも満たせば無料になります。

・月づきの携帯電話・PHSの利用料金
⇒「JCB LINDA」で支払い
・支払い金額(本会員と家族会員の合計)
⇒月額1万円(税込)以上

支払い方法をJCB LINDAにすればデータ維持費は無料なので、支払いを気にする必要もないでしょう。

JCB LINDAのメリット

JCB LINDAのLINDAリーグ

JCB LINDAでは、お得な情報やサービスを発信する「LINDAリーグ」が利用できます。

ビューティファッショングルメエンタメ」にジャンルが分かれており、LINDAリーグ企業は下記の通りです。(※2024年2月時点)

ビューティ

ワタシプラス

ビューティの企業
ネイルクリック
@cosme
ロクシタン

ファッション

.st(ドットエスティ)

ファッションの企業
BUYMA
ABISTE

グルメ

ラクリッチ

グルメの企業
吉祥寺 菊屋
パンスク
スターバックス
ディアーズ・ブレイン

エンタメ

カタール空港

エンタメの企業
ソラシドエア
JCBトラベル
プリンスホテル
ワタベウェディング
藤田観光

各ジャンルの企業が実施中の優待・プレゼントについては、公式サイトを確認しましょう。

LINDAリーグでは、各ジャンルで女性に嬉しいさまざまな優待やプレゼントへの応募が可能なのでJCB LINDAに入会して損はありません。

JCB LINDAのカードデザイン

JCB LINDAのカードデザインは3種類あり、スタイリッシュなデザインになっています。

JCB LINDAのカードデザイン

JCB LINDAのカードデザイン

●Jモチーフ
ジャパニーズ・モチーフを意味する
(キモノの古典柄)
●ストライプ
「個性」を表現
●イマージュ
「変わりゆくあなた自身」を表現

自分好みのデザインを選択可能ですが一度申し込むとカードデザインの変更はできないので、慎重に選びましょう。

JCB LINDAのLINDAボーナス制度

JCB LINDAでは、LINDAボーナス制度期間中に年間利用額が50万円を超えるとポイントが2倍になるLINDAボーナス制度があります。

さらに100万円を超えるとポイントが3倍になるので、利用すればするほどお得です。

LINDAボーナス制度の適用期間は、入会月から約1年単位となり有効期限月の前月16日から翌年の有効期限月の前月15日まで

LINDAボーナス制度を上手に活用するためにも、詳しくは公式サイトをチェックするのがベストでしょう。

JCB LINDAのデメリット

JCB LINDAは、優待やボーナスポイントなどメリットが豊富なカードでしたが、デメリットも存在します。

JCB LINDAの付帯保険は1種類のみ

JCB LINDAに付帯している保険は、下記1種類のみになっています。

ショッピングカート保険(海外)
海外でJCB LINDAを利用して商品を購入したとき、事故などで破損などが生じると最高100万円を補償。

海外の買い物に対してのみ適用されるショッピングカート保険が付帯していますが、他の保険は一切付帯していません。

旅行や出張が多い人は、万が一に備えて旅行傷害保険や国内・海外航空機遅延保険が付帯しているJCBゴールドがおすすめでしょう。

JCB LINDAとおすすめのカード

JCBが発行するクレジットカードには、JCB LINDA以外にも女性向けクレジットカード「JCBカード W plus L」があります。

JCBカード W plus Lは、JCBカード Wをベースに、CB LINDAカードの一部のサービスを利用出来るようにしたカードです。

JCBカード W JCBカード W plus L
JCB
カード
JCBカード W
JCBカード W plus L
対象年齢
18歳~39歳(高校生不可)
年会費
無料
特徴 1,000円で2ポイントたまる
スマホ決済対応
最長6カ月先まで支払い月を変更可
女性特有の疾患の保険あり
安心のセキュリティ
プレゼント企画や特典が豊富
申し込み
サービスの利用には条件があります。詳細はHPをご確認ください。

JCB LINDAとJCBカード W plus L

JCB LINDAとJCBカード W plus Lは、どちらも同じ女性向けのJCBカードですが、主な違いは下記の通りでした。

  1. 年会費+別途費用
  2. 申し込み対象
  3. ポイントのたまり方

JCB LINDAと年会費の比較

JCB LINDAとJCBカード W plus Lの年会費はどちらも無料です。

年会費を気にせず申し込みが可能ですが、JCB LINDAには毎月110円(税込)のデータ管理費が必要

JCBカード W plus Lには別途かかる費用もないので、完全無料で利用ができるでしょう。

JCB LINDAのデータ維持費は、条件を満たすと0円になります。

JCB LINDAと申し込み対象の比較

JCB LINDAとJCBカード W plus Lは、申し込み対象が異なります

JCB LINDA
⇒18歳以上(高校生不可)
JCBカード W plus L
⇒18歳以上39歳未満(高校生不可)

JCBカード W plus Lは39歳以上になると申し込みができないので、39歳以上の人は年齢制限がないJCB LINDAがおすすめでしょう。

JCBカード W plus Lは、39歳までに申し込めば年齢を超えても継続利用が可能。

JCB LINDAとポイントの比較

JCB LINDAとJCBカード W plus Lの大きな違いが、「OkiDokiポイントのたまりかた」にあります。

JCB LINDAでは「LINDAボーナス制度」を適用すれば、年間利用額によってポイント倍率が2倍・3倍と増加。

JCBカード W plus Lではポイントは常に2倍、ネットショッピング等を上手に活用すれば最大20倍です。

「コツコツとポイントをためていきたい」人にはJCBカード W plus Lもおすすめでしょう。

JCB LINDAがおすすめな人

JCB LINDAに向いているのは、以下に当てはまる人です。

・お得な優待を利用したい
・毎月プレゼントへの応募がしたい
・個性的なデザインのカードが欲しい

JCB LINDAには、毎月さまざまなジャンルの優待が豊富で、食事券などのプレゼントへの応募も可能です。

JCB LINDAは個性的な3種類のデザインが選べるので、人と違うデザインのカードを持ちたい人にもおすすめ

JCB LINDAを手に入れて、スタイリッシュなデザインのクレジットカードをお得に活用していきましょう。

JCB LINDA:まとめ

JCB LINDAは、女性向けのお得な情報やサービスを発信する「LINDAリーグ」が注目の女性向けのクレジットカードでした。

使えば使うほどポイントがたまり毎月のプレゼントキャンペーンもあります。

他のクレジットカードにないスタイリッシュなカードデザインも魅力のJCB LINDAに申し込んで損はないでしょう。