• アメックスカード

ANAアメックスカードの海外旅行傷害保険の補償内容と旅行のポイント

「ANAアメックスに海外旅行保険はある?」
「ANAアメックスの海外旅行保険の内容は?」
「ANAアメックスを海外で使うメリットは?」

ANAアメックスを利用したいと思っていても、海外旅行保険の充実度が分からず申し込みを迷っている人も少なくありません。

ANAアメックスは最大1億円補償の利用付帯もあり、海外に行く人は持っていて損はないカードです。

本記事ではANAアメックスの海外旅行保険の内容や補償が適用になる条件、ANAアメックスのメリットについて解説していきましょう。

海外へ出張、旅行の予定がある人は必見です。

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

ANAアメックスの海外旅行保険

旅行代金をANAアメックスで支払うと、旅行先での事故や病気で発生した費用を保険でカバーしてくれるサービスがあります。

ANAアメックスの海外旅行傷害保険の補償額はランクによって保障対象や金額が変動

年会費と補償額を考慮し自分に合うANAアメックスカードを利用しましょう。

ANAアメックスの海外旅行傷害保険※2024年2月時点の情報です。詳細は公式HPをご確認ください。
年会費 傷害死亡/傷害後遺障害 傷害治療費用 疾病治療費用 賠償責任保険金 救援者費用保険金
(保険期間最高)
携行品損害保険金 乗継遅延/出航遅延
欠航/搭乗不能費用
受託手荷物遅延費用 受託手荷物紛失費用
ANAアメックス
(利用付帯)
7,700 3,000万円 100万円 100万円 3,000万円 200万円 30万円
ANAアメックスゴールド
(利用付帯)
34,100 1億円 300万円 300万円 4,000万円 400万円 50万円 1回につき最高
2万円
1回につき最高
2万円
1回につき最高
4万円
ANAアメックスプレミアム
(利用付帯)
165,000 1億円 1,000万円 1,000万円 5,000万円 1,000万円 100万円 1回につき最高
3万円
1回につき最高
3万円
1回につき最高
6万円

↑ スマホの方は横にスクロールできます ↑

ANAアメックスの海外旅行保険の内容

ANAアメックスの海外旅行保険
✅ けがや病気の保険
✅ 思わぬ事故への賠償保険
✅ 交通機関や手荷物の保険

けがや病気の保険

けがや病気の保険

    1. ・傷害死亡/傷害後遺障害

 

    1. ・傷害治療費用

 

    1. ・疾病治療費用

 

    ・救援者費用保険金

海外で事故や病気で治療・入院になると日本の健康保険が使えず、超高額な医療費の支払いが発生するのも珍しくありません。

頻度が高く早急な治療が必要になる盲腸になった事例だと、2日の入院で160~210万円(※1)の治療費が発生しました。

ANAアメックスの補償対象になれば、ANAアメックスから保険金が振り込まれるので、安心して旅行を堪能できるでしょう。

保険でカバーしきれない治療もあるので、カード別の補償金額をしっかりと把握しておくのが賢明です。

思わぬ事故への賠償保険

思わぬ事故への賠償保険

    ・賠償責任保険金

海外旅行で思いがけず他人や他人の物を破損、傷つけてしまう経験をした人もゼロではありません。

ANAアメックスの旅行傷害保険なら、ホテルの備品を壊してしまったり、レンタル品を壊してしまったりしても賠償責任保険が適用

慣れない土地に行くなら、万が一に設備の使い方を間違えて破損させてしまってもANAアメックスを持っていると心強いです。

交通機関や手荷物の保険

交通機関や手荷物の保険

    1. ・携行品損害保険金

 

    1. ・乗継遅延/出航遅延欠航/搭乗不能費

(※)

    1. ・受託手荷物遅延費

(※)

    1. ・受託手荷物紛失費

(※)
(※ ANAアメックスのベーシックカードは補償の対象外)

2023年の法務省の犯罪白書によると、海外に行った日本人が遭う犯罪の半数近くを窃盗の項目が占めていました(※2)

ANAアメックスの海外旅行傷害保険
ANAアメックスは海外旅行中にスマホ・カメラ・宝石などが盗まれたり、壊されたりしても補償の対象になります

日本人が海外で窃盗に合う確率は高く、ANAアメックスを持っていて損はないでしょう。

ANAアメックスの海外旅行保険が適用になる支払い

ANAアメックスは旅行代金をカードで支払うと、海外旅行傷害保険が無料で追加される利用付帯のシステムを採用しています。

保険が適用される旅行代金の支払いは、大きく分けて下記の3つです。

海外旅行傷害保険の適用になる支払い
✅ 電車・バス
✅ 飛行機
✅ ツアー

 

旅行代金をカードで支払わなくても海外旅行傷害保険の適用を希望する人は、自動付帯対応の楽天プレミアムカードの利用がおすすめです。

 

電車・バス

ANAアメックスの海外旅行傷害保険
ANAアメックスの海外旅行傷害保険が適用になる旅行代金の1つに電車・バスがあります。

海外での特急電車や高速バスの料金だけでなく、出国前や後の空港と家までの移動も対象。

バスならWILLER EXPRESS・大阪空港交通、特急列車ならJR・南海電鉄などの支払いに利用できます。

飛行機

ANAアメックスの海外旅行傷害保険
海外旅行傷害保険の対象になるには、海外の渡航先や地方から羽田空港までの航空券をANAアメックスカードで支払うのも1つの手です。

ほとんどの海外旅行で飛行機を利用するので、支払いをANAアメックスカードで払うのさえ忘れなけば保険が適用されるでしょう。

ANA以外にも、JAL・アメリカン航空・ジェットスター航空などへの支払いも海外旅行傷害保険が適用される支払いの対象になります。

ツアー

ANAアメックスの海外旅行傷害保険
海外ツアーの料金の支払いにANAアメックスカードを使用しても海外旅行傷害保険が適用されます。

オプショナルツアーは出国後の決済も対象ですが、パッケージツアーは出国後の決済は対象外になるので注意しましょう。

JTB・HIS・楽天トラベルなど多くの旅行代理店でツアーを予約可能です。

ANAアメックスの海外旅行傷害保険の適用外の支払い

ANAアメックスで支払いをしても海外旅行傷害保険が適用されない項目を覚えておくと、保険の適用から外れるミスを防げます。

海外旅行傷害保険が適用されない支払い
❎自家用車・レンタカー・タクシー
❎手数料・チャージ

自家用車・レンタカー・タクシー

ANAアメックスの海外旅行傷害保険が適用される動手段の支払い対象は、公共交通上用具(※)のみです。

自家用車のガソリン代や駐車・高速料金の支払いはANAアメックスの海外旅行傷害保険が対象になる旅行代金には含まれません。

レンタカーやタクシーなどで移動した料金も対象外になるので、注意が必要です。

(※ 航空機・電車・船舶など)

手数料・チャージ等

手数料・税金などメインとならない支払いやチャージ・デポジットなどの消費が不明確な支払いは対象になりません。

対象外の一例
・座席指定手数料
・空港利用税
・ラウンジ利用料
・電子マネーのチャージ/デポジット
・プリペイドカードの購入

支払いカードの選択ミスで海外旅行保険の対象外になりたくない人は、支払い条件がない楽天プレミアムカードの利用が合うでしょう。

ANAアメックスの海外旅行保険の利点

追加の掛け金なしで受けられる

楽天の保険の比較によると、海外旅行保険料は平均で2,031円でした。(※3)

ANAアメックスなら、旅行代金の支払いに使用すれば無料で海外旅行傷害保険が付いてくるのが大きなメリットです。

電話での予約や問い合わせできる

ANAアメックスゴールドとANAアメックスプレミアムは、海外にいても日本語で相談可能なオーバーシーズ・アシストを利用できます。

緊急対応できる医療機関の紹介からレストランなどの飲食店の予約まで幅広く対応。

24時間365日電話で対応してくれて、初めての海外旅行をする人でも安心できるでしょう。

補償期間が90日

ANAアメックスの海外旅行傷害保険の対象期間は90日なので、長期の旅行でも短期の旅行と同じ手厚い補償を受けられます

3ヵ月ほどの補償期間なので、美味しい食事を楽しみながら海外で暮らすようにゆったりとした旅を満喫可能。

短期・長期に関わらず海外旅行に行くなら、ANAアメックスカードを利用しておくのが無難です。

ANAアメックスの海外旅行保険の弱点

カードの年会費

年会費がかかるカードは無料のカードと比較して補償やサービスが充実している傾向があります。

ANAアメックスはどのランクでも補償が手厚いですが、年会費がデメリットと感じる人も。

年会費が無料かつ海外旅行保険を付けたい人は、JCBカード Sの利用を検討すべきです。

キャッシュレス診療非対応

海外で医療機関にかかると治療費が100万円を超えるもの珍しくなく、一時的でも大金を払うのに抵抗を感じる人も少なくありません。

クレジットカードによっては、カード会社が直接支払いをしてくれる「キャッシュレス診療サービス」もあります。

ANAアメックスはキャッシュレス診療への対応について明記していないので、サービスの利用は期待できないでしょう。

海外で大金を使うのが不安な人は、キャッシュレス診療対応のカードの利用が向いています。

キャッシュレス診療対応カード

JCBゴールド
JCB
カード
JCBゴールド

申し込み対象 20歳以上(学生不可)
年会費 11,000円(税込)
※オンラインで新規入会の方のみ初年度無料
特徴 空港ラウンジの利用が無料
最短5分で即時発行
1名分の家族カードが無料
申し込み
サービスの利用には条件があります。詳細はHPをご確認ください。

ANAアメックスの海外旅行保険で旅行を満喫

ANAアメックスは海外旅行で予想外のアクシデントが発生しても、発生した費用を補償してくれる利用付帯サービスがあります。

保険が適用されるには、旅行代金をANAアメックスで払う条件がありますが、カードの使用さえ忘れなければ問題ありません。

補償金額はカードのランクで変わるので、自分が求める条件に合う1枚を選びましょう

(※1 引用:American Express 海外旅行保険はクレカ付帯だけで十分?サポート内容や任意保険も解説)
(※2 引用:法務省 令和5年版 犯罪白書)
(※3 引用:楽天 保険の比較)