• 生命保険

学資保険は一時払いできる?学資保険で一時払いするメリット・デメリットを解説

学資保険は一時払いできる?
学資保険で一時払いするメリットは?

学資保険は一時払いできるのかわからず、悩んでいる人は少なくありません。

本記事では、学資保険で一時払いするメリットや一時払い以外の支払方法について解説。

学資保険を一時払いするか
悩んでいる人は必見です

この記事の監修者

  • 有岡 直希

    ファイナンシャルプランナー

    大学卒業後、Webマーケターを経て外資系生命保険会社に転職。 個人対象のライフプラン・コンサルティングに携わり、顧客のニーズと社会保障制度を加味した論理的な提案に定評あり。 各生命保険商品を徹底的に分析し、価値ある保険商品の選別と保険の効果を高める活用法を提案します。
    <保有資格>
    AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

学資保険は一時払いできる?

学資保険は一時払い可能

保険料の支払い方法は複数あり、一時払いとは一括での支払い方法を指しています。

一時払いとは
契約時に保障期間すべての保険料を一括で支払う方法。

学資保険でも一時払いは可能ですが、保険会社ごとに可能な支払い方法は異なります。

▶学資保険の支払方法

主な保険料の支払方法は下記の通りです。

月払い 毎月払い込む
年払い(半年払い) 1年分(半年分)まとめて払い込む
全期前納払い 保険期間中の保険料総額を保険会社に預けて月払いや年払いなどで充当する
一時払い 保険期間中の保険料総額を一括で払い込む

月払いだと1回の保険料負担額は安いですが、払込保険料総額は高くなります

全期前納払いや一時払いなどの一括払いだと、月払いと比べると払込保険料総額は安いもののまとまった資金が必要です

それぞれメリット・デメリットはあるので自分に合う支払方法を選びましょう。

学資保険で一時払いするメリット

払込保険料総額が安い

学資保険に限らず保険では、払込期間が長いと払込保険料総額は高くなります

一時払いはまとめて支払う分、他の支払い方法より割引が効きやすく保険料は割安です。

返戻率が上がりやすい

一時払い=払込保険料総額が割安になるため、返戻率も上がりやすいです。

返戻率とは
支払った保険料総額に対し、受け取れる満期保険金等の総額を割合で表したもの

返戻率が100%なら払込保険料総額と同額を、祝い金や満期保険金として受け取れます。

100%を超えると払込保険料総額より多い保険金を受け取れて、100%を下回ると払込保険料総額より少ない額しか受け取れません。

▶学資保険の返戻率の計算方法

返戻率の計算方法

受取総額÷払込保険料総額×100
=返戻率(%)

受け取る保険金の額が同じなら、払込保険料総額が安いほど返戻率は上がります。

例)満期保険金が200万円の場合
  200万円÷195万円×100=102%
  200万円÷185万円×100=108%

満期保険金200万円を受け取り、払込保険料総額が10万円違う場合の返戻率は上記の通りです。

インターネット上で払込保険料の総額等をシミュレーションできるサービスもあるので、ぜひ一度返戻率を計算してみましょう

教育資金を確実に確保できる

一時払いは契約時にまとめて保険料を支払うので、将来の教育資金を確実に確保できます。

例えば月払いだと子どもの成長に伴って生活費がかさむ中で、月々の保険料を負担に感じ途中解約する人はゼロではありません。
※学資保険は途中解約すると元本割れしやすいです。

一時払いすれば以降保険料の支払いはなく、高校や大学進学時に確実に保険金を受け取れるのでかなり経済的不安感が軽減されるでしょう。

▶教育資金はどれくらいかかる?

日本政策金融公庫の発表によると、教育にかかる費用の目安は下記の通りでした。

公立 私立
幼稚園 47.3万円 92.5万円
小学校 211.2万円 1000万円
中学校 161.6万円 430.4万円
高校 154.3万円 315.6万円
大学 248.1万円 459万円
合計 822.5万円 2307.5万円

幼稚園~大学まですべて公立の学校に通うと約822万円、すべて私立の学校に通うと約2307万円とその差は約1500万円

教育費は進路によって大きく異なり、塾や習い事代も加えると大きく膨らみかねません。

学資保険で一時払いするデメリット

まとまった資金が必要

一時払いは契約時に保険料総額をすべて支払うため、まとまった資金が必要です。

一時払いをするには、保険料をまとめて支払った直後に不測の事態が発生しても対応できる程度の金銭的余裕が欠かせません

払込免除特約が無効になる人もいる

学資保険には、保険料払込免除特則を付帯できる商品やそもそもセットの商品が多いです。

保険料払込免除特約とは
契約者(原則として親)に万一があれば、以後の保険料を支払わなくても満期保険金を受け取れる保障機能。

しかし一時払いをすると、契約時に支払いが完了するので払込免除特則は適用されません

生命保険料控除は1回のみ

学資保険に加入し保険料を支払うと、契約者はその年の所得から一定金額を控除されます。※2

年間の支払い保険料 控除額
2万円以下 支払い保険料等の全額
2万~4万円以下 支払い保険料等
×1/2+1万円
4万~8万円以下 支払い保険料等
×1/4+2万円
8万円超 一律4万円

しかし、保険料を一時払いすると所得控除を受けられるのは学資保険に加入した年のみ

毎年生命保険料控除を受けたいなら、一時払い以外の支払方法を選びましょう。

学資保険で一時払いが向いている人

一時払いが向いている人

✅なるべく保険料を安くしたい人
✅まとまった資金がある人
✅保険料払込免除特約は必要ない人
✅生命保険料控除はなくてもいい人

学資保険で一時払いするなら、支払った直後でもある程度の蓄えがあるのが大前提です。

一時払いは他の支払方法と比べて払込保険料総額が割安になりやすいですが、保険料の安さだけで一時払いを選ぶのはNG。

保険料払込免除特約や生命保険料控除はなくてもいいか、メリット・デメリットを比較した上で自分に合った支払方法を選びましょう

一時払い以外が向いている人
✅保険料払込免除特約は付けておきたい人→月払いや年払いがおすすめ
✅ある程度資金はあるが控除を毎年受けたい人→全期前納払いがおすすめ

学資保険は一時払いできる:まとめ

一時払いとは、契約時に保障期間すべての保険料を一括で支払う方法です。

学資保険でも一時払いは可能ですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

学資保険で一時払いするメリット
・払込保険料総額が安い
・返戻率が上がりやすい
・教育資金を確実に確保できる
学資保険で一時払いするデメリット
・まとまった資金が必要
・払込免除特約が無効になる人もいる
・生命保険料控除は1回のみ

一時払いも含めて自分に合った支払方法を選びたい人は、一度保険のプロに相談しましょう

※引用:日本政策金融公庫/教育にかかる費用は?
※2引用:国税庁 保険と税