• お金のトラブル
  • 債務整理

2回目の債務整理はできる?2回目の債務整理、種類ごとの注意点を解説

2回目の債務整理はできる?2回目の債務整理、種類ごとの注意点を解説

債務整理は2回できる?
2回目の債務整理の注意点は?

債務整理は自力で返しきれなくなった借金を整理する方法ですが、債務整理後に2回目の債務整理を検討する方も少なくありません。

原則2回目もできますが、1度目よりハードルが上がります。

本記事では2回目の債務整理の注意点・デメリットを解説。2回目の債務整理を検討中の方、必見です。

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/将来設計/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。ファイナンシャルプランナーが記事を監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

債務整理は2回以上できる

債務整理は大きく分けて任意整理・個人再生・自己破産の3種類ありますが、その中の任意整理は債権者の合意があれば2回目以降も手続きできます。

個人再生と自己破産は2回目以降条件が定められていますが、それをクリアすれば手続き可能です。

給与所得者等再生(個人再生の一種):給与所得者等再生の認可決定日から7年が経過していること:給与所得者等再生の認可決定日から7年が経過していること(民事再生法第239条第5項)
自己破産:破産手続開始の申立日から7年が経過していること(破産法第252条第10項)

引用元:弁護士法人響:借金返済の相談所「2回目の債務整理はできる?注意点と失敗しないためのポイントを解説」

2回目の債務整理の注意点

2回目以降は裁判所の審査が厳しくなったり債権者の合意が得られないかもしれません。

1回目の債務整理での約束を守れていないと判断されるため、2回目の債務整理は1回目よりも難易度が高いと考えておきましょう。

1回目と同じ条件(月々の返済額や分割回数など)での和解は厳しく、希望通りにいかない可能性が高いです。

ここからは、債務整理の種類ごとに2回目の手続きにおける注意点を解説します。

2回目の任意整理

2回目の任意整理の注意点
✅ 実績のある専門家へ依頼する
✅ 以前より条件が厳しくなると思っておく
✅ できるだけ余裕のある返済計画を立て、実行する

2回目の任意整理を成功させるには、「債権者との合意」が重要です。

そのため任意整理の実績豊富な専門家へ依頼しましょう。隠し事はせず、どういった経緯で2回目の任意整理をするに至ったか話してください。

専門家への依頼だけでなく、あなた自身もしっかりと返済を続け誠意を見せましょう。

2回目の個人再生

2回目の個人再生の注意点
✅ 1回目の手続き方法によっては7年待つ必要がある
✅ 1回目の減額からさらに減額できるわけではない

個人再生には小規模個人再生と給与所得等再生のふたつあり、1回目が給与所得等再生だったら、認可決定から7年たたないと2回目の手続きはできません。

また、認可されない場合は自己破産など他の債務整理を検討する必要があります。

参考元:弁護士法人・響/借金返済の相談所「個人再生の2回目はできる?条件や注意点と不認可の場合の対処法を解説」

2回目の自己破産

2回目の自己破産の注意点
✅ 1回目よりも多額の費用がかかる可能性がある
✅ 1回目と同じ理由だと認可は難しい
✅ 1回目の免責許可から7年待つ必要がある

1回目の自己破産から7年たっていない場合でも、やむを得ない事情があれば手続きできる可能性もあります。

ですが2回目は1回目よりも多額の費用がかかると考えておきましょう。

認可されなければ、別の債務整理を検討する必要があります。

参考元:ベリーベスト法律事務所 横浜オフィス「2回目の自己破産は可能? 免責が認められるために知っておくべきこと」

2回目の債務整理でやるべきこと

2回目の債務整理では1回目よりも認可が難しくなります。

そのため、債権者や裁判所に認めてもらうためには

  1. なぜ返済できないのか
  2. 1回目からの生活環境の変化
  3. 返済する意思があること
  4. 今後の対策

をしっかりと伝えましょう。

途中まででも返済しているならその返済実績や、収入ダウンとなった原因があるならその説明などを入れると伝わりやすくなります。

2回目の債務整理ができない場合

2回目の債務整理が認可されなかった場合は、債務整理の種類を変えると解決できる可能性があります。

任意整理、個人再生、自己破産がありますので、弁護士や司法書士に相談しましょう。

2回目の債務整理は専門家に依頼しよう

2回目の債務整理は裁判所の審査が厳しくなったり、債権者との交渉もスムーズにはいきません。

専門家への依頼を検討してください。

弁護士事務所

ライズ綜合
法律事務所
ひばり
法律事務所
弁護士
事務所
ライズ綜合法律事務所バナー/債務整理/減額診断 弁護士法人ひばり法律事務所バナー
初回
相談料
慰謝料請求・債務整理・B型肝炎給付金請求・交通事故・立ち退き問題・敷金回収に関する相談は無料 無料
対応
エリア
全国
(出張相談可)
全国
(出張相談可)
任意整理
着手金
1社あたり
55,000円~※1 22,000円※2
減額診断
(無料)
東京ロータス
法律事務所
アース
法律事務所
弁護士
事務所
弁護士法人東京ロータス法律事務所 アース法律事務所バナー
初回
相談料
無料 無料
対応
エリア
全国
(出張相談可)※3
全国
(出張相談可)
任意整理
着手金
1社あたり
22,000円※3 22,000円~※4
減額診断
(無料)

※1…着手金は内容により費用が異なります/減額報酬は減額の11%/和解成立時、解決報酬として1社につき22,000円/過払い返還報酬 22%(任意の場合/訴訟の場合は27.5%)/送金管理費として1社につき月1,000円/回/通信費として1社につき2,200円
※2…報酬金22,000円(1社あたり)/減額報酬11%/実費5,500円(1社あたり)
※3…自己破産、個人再生は要来社/報酬金 ¥22,000/減額報酬 11%/過払報酬22%(訴訟の場合27.5%)/その他諸費用 ¥5,500
※4…ただし、残債務のない債権の調査、過払い請求は着手金無料/解決報酬金1社あたり22,000円/減額報酬金として、減額した金額の10%相当額/過払金返還報酬金 返還額の20%〜

司法書士事務所

渋谷法務
総合事務所
司法書士法人リーガルリリーフ
司法書士
事務所
渋谷法務総合事務所バナー/債務整理/減額診断 司法書士法人リーガルリリーフバナー/債務整理/減額診断
初回
相談料
無料 無料
対応
エリア
※公式サイトに記載なし
出張は要相談
※公式サイトに記載なし
出張は要相談
任意整理
着手金
1社あたり
20,000円~※1 20,000円~※2
減額診断
(無料)
ウイズユー司法書士事務所
司法書士
事務所
ウイズユー司法書士事務所
初回
相談料
無料
対応
エリア
※公式サイトに記載なし
出張は要相談
任意整理
費用
1社あたり
11,000円~110,000円※3
着手金ではなく費用
減額診断
(無料)

※1…残債務のない債権の調査、過払い請求は着手金を免除/着手金は内容により費用が異なります/減額報酬は減額の10%/過払い返還報酬 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)/送金管理費として1社につき月1,000円/回
※2…着手金は内容により費用が異なります/残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除/減額報酬:減額した金額の10%/過払い返還報酬:返還された金額の 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)/送金管理費:1社につき月1,000円/回/通信費:5,000円
※3…債務残高により増減/完済業者費用 1社 11,000円(税込)/過払い金成功報酬 回収金額の20%プラス消費税/着手金不要/分割払い可能/減額報酬なし

2回目の債務整理で借金生活と決着をつけよう

やむを得ない事情で2回目の債務整理が必要となってしまった方も、専門家に依頼して借金生活との決着をつけましょう。

完済までの道のりは長く感じるかもしれませんが、まずは一歩踏み出してください。