お電話でのお問い合わせ
0120-839-127
受付:11:00~18:00(土日・祝日除く)
  • イオンカード

【イオンカード】締め日と引き落とし日は?支払いが遅れる時の対処法

クレジットカードを使う上で重要なのが締め日と引き落とし日の管理です。

締め日・引き落とし日を間違えるとクレジットカードの支払いが上手く行かず、今後のローン申し込みなどに悪影響が出てしまうかもしれません。

本記事ではイオンカードの「締め日」「引き落とし日」や、引き落とし日に間に合わなかった時の対処法を解説します。

イオンカード・イオンクレジットの締め日・引き落とし日が気になる方は要チェックです!

  • この記事の編集者
  • 最新記事
グッドカミング編集部
グッドカミング編集部
グッドカミングは、保険/資産運用/貯金/投資など「お金」の悩みを解決するWebメディアです。現役ファイナンシャルプランナーが全記事監修し、情報の信頼性を担保。様々な経歴のライターが、自身の経験やお金に悩む人の体験談を基に記事を執筆しています。

イオンカードの締め日と引き落とし日

締め日と引き落とし日の違い

締め日と引き落とし日

締め日
引き落とし日に支払う額が決まる日
引き落とし日
実際に利用金額を支払う日

クレジットカードは後払い制のシステムで、基本的には先月に使ったお金を翌月に払います。

クレジットカード会社ごとに「先月」がいつまでかを定義するのがいわゆる「締め日」です。

締め日が28日なら、毎月28日までに使った代金が来月に引き落とされます。つまり1~28日の利用金額は翌月支払い、29日~31日は再来月の支払い。

引き落とし日は、実際に利用金額を支払う日です。

引き落とし日が5日設定のカードなら、5日に先月分の代金を支払います。

イオンカードは10日締め翌月2日引き落とし

イオンカードの締日と引き落とし日
イオンカードの場合、締め日は毎月10日。引き落とし日は翌月2日となります。

支払いまでの猶予は1ヶ月弱ですね。

ちなみに、引き落とし日が土日祝など金融機関の休業日だと翌営業日が引き落とし日に変更されます。

クレジットカードを利用する上で、支払いの失敗は絶対に許されません。

先月までの利用額を(できれば余裕をもって少し多めに)、引き落とし日の前営業日までに準備してくださいね。

イオンカードでは締め日・引き落とし日の変更はできませんが、他社には変更が可能なクレジットカードも存在します。(エポスカード:4日または27日から選択)

イオンカード引き落とし日に間に合わない時の対処法

  • 口座に残額が足りず引き落とせなかった
  • 引き落とし日を忘れていた

イオンカードに限らず、クレジットカードや家賃などの引き落としで失敗してしまう方は少なくありません。

イオンカードでは、「イオン銀行」を引き落とし口座にしていると再振替※の制度を利用できます。

再振替制度
2日に引き落としができなかった場合、平日のみ3日~5日に再度引き落としをかける制度

足りなかった金額を引き落とし日の当日23時59分までに支払い口座に入れれば、対応は完了です。

3日~5日が土・日・祝日の場合、再引き落としはないのでイオンカードからの連絡を待ちましょう。

再振替制度が利用できない場合

利用口座がイオン銀行以外の方は暮らしのマネーサイト、もしくはテレホンアンサー(自動音声応答サービス)に問い合わせて指示を受けましょう

テレホンアンサー(自動音声応答サービス)は24時間年中無休で受け付けています。

テレホンアンサーの電話番号
固定電話向け(フリーダイヤル/無料)
0120-223-212
携帯電話・スマートフォン向け(ナビダイヤル/有料)
0570-064-750

オペレーターではなく音声案内による案内が始まるので、説明を聞いてから該当する番号を押してください。

テレホンアンサー
ガイダンスの途中でも各種サービスメニューへ移行できるショートカットキーもあります。

携帯電話・スマートフォンからの電話で、通話料金が気になってしまう方はこちらを利用してみてください。

ショートカットキー

0+シャープを押した後
引き落とせなかった場合の入金日の受付は250+シャープ
引き落とせなかった場合の振込口座照会は251+シャープ

クレジットカードの引き落としができなかった時は、支払う意思をアピールするのが何よりも重要です。

支払う意思や金銭的余裕があっても、「カード会社への連絡が遅い」「連絡を無視」などの行為をすると悪質な利用者だと判断されてしまうかもしれません。

引き落としできていないと気づいたら、カード会社からの連絡にはすぐ対応してください。

イオンカードの引き落とし日を無視したらどうなる?

クレジットカードの利用履歴は、全て信用情報として5年間記録が残されます。

信用情報
クレジットや割賦販売、ローンに関する申し込み、支払い状況などの情報。

支払いをした月・していない月が記録され、悪い結果が積み重なると、信用情報に傷がついた「ブラックリスト」状態に。

信用情報に傷があると新しいクレジットカードの作成やローンへの申し込みが難しくなります

新しい申し込みへの悪影響にとどまらず、現在使用しているカードを強制解約させられてしまうリスクもあるでしょう。

イオンカードは毎月2日引き落とし

イオンカードの締め日
毎月10日
イオンカードの引き落とし日
翌月2日

クレジットカードの締め日・引き落とし日の把握と管理は、信用情報に傷をつけないために重要です。

イオンカードを利用している方は、イオン銀行を引き落とし口座にしておくと良いでしょう。

2日に支払いができなくても再引き落とし制度を利用できるので、万が一支払い出来なかった時も安心できます。

イオン銀行の口座を持っていない方は、テレホンアンサー(自動音声応答サービス)暮らしのマネーサイトから振込口座を確認し、不足金額を支払いましょう。

テレホンアンサーの電話番号
固定電話向け(フリーダイヤル/無料)
0120-223-212
携帯電話・スマートフォン向け(ナビダイヤル/有料)
0570-064-750